鍵を無くしたときに探し方と対処の方法

鍵を無くした事実が分かった時の動揺は普通ではありません。外出先で無くしたのであれば、鍵がないので自動車を動かすことも、自宅に入ることもできないのです。なにもできない無力感に襲われます。必死に探しますが、カバンやポケット、可能性のあるところを探しても見つからない、そんな時はどうすれば良いのでしょうか。どのように探すことができますか。

冷静になり諦めないこと

一番大切なことは、動揺していても、まずは冷静になることです。冷静にならないと間違った判断をしてしまうことがあるからです。鍵を無くした可能性のあるところを一生懸命に探していきます。最初に探すのはポケットであり、カバンであり、財布の中、また車の中にあるかもしれません。意外と買い物をしてその買った袋の中に鍵を入れてしまったということもあるものです。落ち着いて1つずつ可能性のあるものをチェックしていきます。それでも見つからない場合には、途中で落とした可能性が高いので、来た道を戻って確かめていきます。鍵そのものを盗む人はあまりいませんので、どこかに落ちているか、あるいは誰かがどこかに届けた可能性もありますので立ち寄ったお店や場所、そのお店の人に尋ねてみましょう。電車利用した場合には、駅に連絡を入れておくことも大切であり、大事なことは諦めないことです。

鍵探しでやってはいけないこと

無くした鍵がどうしても見つからないときには、やってはいけないこともあります。それは一度探したところは、もうないと決めつけないことです。冷静になっていないと慌てて探しているため、全部チェックしたつもりでも忘れていることはあるものです。その点での思い込みには注意して、もう一度丁寧に探してみるようにしましょう。またどうしても見つからない時に、似たような鍵で試してみたくもなりますが、これはまず上手くいきませんし、ある程度鍵が入るとしてもその鍵が回ることはありません。むしろそれをすることで、鍵穴が壊れてしまったり、鍵が詰まって折れるといったややこしいことになりかねませんので、その点で注意が必要です。冷静さを欠くと、無理やりこじ開けようとか、それを壊したくなったりという奇抜で、明らかに良くない行動を取りがちです。

鍵開けの業者に依頼すること

これは最終手段ですが、鍵がどうしても見つからない時には、鍵屋を呼ぶことで解決できます。鍵開けの業者は本当にプロフェッショナルであり、開けることができないものはないというくらいのスキルと工具があります。精巧に作られたセキュリティの高い鍵の複製も可能であり、しかも24時間対応なので、いつでも依頼することができ最短では20分ほどで来てくれるかもしれません。ただ費用は高く多くの場合数万円になりますので、それを覚悟すること、そして今後は、無くさないためにどうすれば良いか、キーホルダーをつけることや、鍵を入れる場所を決めること、スペアーキーを用意しておくことなどを検討できるかもしれません。依頼する場合は対応も早く、口コミも良い「鍵屋の緊急隊(URL:https://www.kagi-kinkyutai119.com/)」に相談してみると良いでしょう。

まとめ

鍵を無くしたときは、本当に焦ってしまうものですが、焦って動揺することで、見つかるものも見つからないことになりかねません。まず落ち着くこと、そして諦めずに一生懸命に探すことが大切です。あらゆる可能性を考え探し、それでも鍵が見つからない時には、鍵屋に連絡すれば、鍵穴から鍵を複製してくれるので、ピンチを脱することができます。