鍵を無くした時に合鍵を作る際に注意すべきこと

うっかり鍵を無くしたという事は意外とあります。その時に多くの人が真っ先に考えるのが合鍵を作る事です。ですが、そういう時は少し注意しないといけない事があります。なぜなら、鍵を無くした時はその鍵を無くした場所によっては簡単に合鍵を作ってはいけないからです。なので、鍵を無くしたからというだけですぐに合鍵を作ろうとしてはいけないです。

鍵を無くして複製する前にしないといけないこと

多くの人が鍵を無くした時にすぐに鍵を複製しようと考えるかと思いますが、その前に調べておくことがあります。それはその鍵を外で無くしてないという点です。なぜなら、外で鍵を無くしていた時は誰かがその鍵を拾っている事もあるからです。中にはそれでもその鍵が自分の部屋の鍵だとバレないと思って合鍵を作ってしまうかもしれないです。ですが、それはやってはいけないです。なぜなら、外で拾われたその鍵で自分の部屋に入られるリスクはあるからです。確かに部屋の鍵を落とした場所が遠い場所ならその鍵で他人に入られる事はほぼないです。ですが、家のすぐ外で落としていた場合は拾われたら簡単に部屋を特定される可能性もあるからです。なので、鍵を無くしたからすぐに鍵を複製して良いとはなりません。

合鍵を作る時は余分に複製を作っておくのが良い

部屋の合鍵を作っても問題ないとなった時でも注意しないといけないことがあります。それは部屋の鍵の複製を作る時は必ず余分にもう1本作っておくことです。そうやって部屋のオリジナルの鍵を持たないようにして持ち歩く鍵は複製した鍵アだけにしておくのが良いです。その理由は部屋のオリジナルの鍵を持ち歩かないようにして複製した鍵だけを使う事で部屋のセキュリティが向上するからです。それで鍵の複製にかかる費用は高くなりますが、部屋のオリジナルの鍵を持たないようにする事で鍵を落としてしまった場合でも部屋にはオリジナルの鍵がある状態になるので誰かに複製した鍵がどこの部屋の鍵がバレにくくなって安全性が高くなるからです。

部屋のオリジナルの鍵を外に落とした時はどうしたら良いか?

もし、部屋のオリジナルの鍵を外に落としてしまった時は鍵の複製を作る前に部屋の鍵自体を新しくしないといけないです。なぜなら、部屋のオリジナルの鍵を外に落としてしまった時はその鍵でアパートの鍵だったら部屋番号もあるので簡単に部屋を見つけられるリスクもあるからです。なので、そのような時はまずは部屋の鍵自体を交換しないといけないです。そうやって部屋の鍵自体を新しくして部屋の何者かが入ってこないようにしてから部屋のオリジナル鍵の複製を作るようにしないといけないです。そうしないで勝手に部屋の鍵の複製を作って終わらすという事はないようにしないといけないです。

まとめ

部屋の鍵を無くした時に部屋の合鍵を作るのは良いですが、その前にはやらないといけないのが部屋の安全が確保されているかどうかを確認する事です。そこを全く考えないで鍵を複製するだけだと危険があるからです。また、その部屋の鍵がアパートの部屋の鍵だった場合はさらにそこの大家に相談してどうしたら良いか決める事になります。それで無くした鍵を誰かに拾われるリスクがあるなら部屋の鍵自体新しくしないといけないので注意が必要です。