鍵をなくした!?管理会社に問い合わせる内容

賃貸のアパート等で鍵をなくしたら、本当に困りますよね。一番困るのは「部屋に入れないこと」ではないでしょうか。ここでは、鍵をなくしたときに管理会社に何を問い合わせたら良いのか、何を聞いておくべきなのか、という事について紹介します。どうしても鍵が見つからないのであれば、ためらわずに管理会社に問い合わせる必要があります。

管理会社に電話をする

もしも鍵がないと気づいたら、しっかり身の回りを確認して鍵がないかどうか見直した上で、管理会社に電話をしてみましょう。もしも管理会社の電話番号がわからないのであれば、例えばアパートの入り口に書かれていないかどうかチェックしてみてください。
それでも管理会社の連絡先が分からないのであれば、そのアパートを探すにあたって仲介になってくれた不動産会社に連絡してみても良いでしょう。最近は夜中でも対応してくれる管理会社が増えています。夜中に電話をすると「緊急の場合はこちらに」などと他の電話番号を言われることもありますので、紙とペンを用意しておいても良いですね。

無くしたのか、忘れてきたのか、スペアがあるか

管理会社に連絡をしたら、その鍵をなくしてしまったのか、どこかに忘れてきたのか、部屋の中にスペアがあるのか、その部分をきちんと伝えます。鍵がなくなってしまってスペアがない状態と、例えば出張先などに忘れてしまってきて今後取り戻すことができる状態と、部屋に入りさえすればスペアがあるから困らない状態では全然違います。対応してもらえるかどうかもそれによると言えるでしょう。
特に、夜中の場合はすぐに対応してもらえなかったり、お金がかかる場合などもありますから、そのような場合は鍵屋さんにお願いする必要が出てくることもあります。

管理会社に会社に聞いておくべきこと

管理会社に連絡が取れたら、開けてもらえるのか確認しましょう。もしも対応してもらえるのであれば、開けてもらえるまでにどれぐらいの時間がかかるのか聞いておく必要があります。夜中の場合はすぐにでも開けてもらいたいところですが、先方にも都合があって時間がかかる可能性もゼロではありません。そして、いくらかかるのか、支払い方法は何があるのか、きちんと確認しておきましょう。数千円で済むこともありますが数万円かかってしまうこともあります。また、現金でなければいけないのか、クレジットカード払いでも良いのか、チェックしておきましょう。

まとめ

鍵が見つからないと焦りますよね。なくしたのか忘れてきたのか、どこで鍵を紛失したのかしっかりと思い出し、まずは冷静になって鍵を探しましょう。そして、どうしても見つからない場合は管理会社に躊躇せずに連絡することが大切です。いざという時の為にも、管理会社の電話番号をチェックしておいても良いですね。夜中困ることがないように、事前にしっかり対策をとっておきましょう。