賃貸物件に住む人が家の鍵をなくして入れないときにすべきこと

賃貸物件で一人暮らしをするときは家の鍵をなくすと戸惑うもので、どのようにすれば良いか知りたいものです。鍵をなくしたときは入れない状態のため、今すぐにでも開けてもらわないと何もできなくて困ります。このため、焦ってしまい冷静さを失うことがありますが、対処法をきちんと知ると落ち着いて判断することができると思います。

まずは自分の行動を振り返ろう

鍵をなくしたときは中に入れないため困りますが、まずは自分の行動を振り返り心当たりがないか確かめる必要があります。行動パターンは人それぞれですが、最後に鍵を見たときはいつなのか振り返れば思い出しやすくなるものです。鍵がなくなるパターンはかばんやポケットに入れていつの間にか落ちたりするため、その周辺にあるか確認すると見つかることがあります。また、最後に鍵を見てから行動した内容を思い出し、メモ帳に書き出せばチェックしやすくなって効果的です。そうすれば意外と簡単に見つかることもあり、焦らずに行動を巻き戻して検証すると探しやすくなります。

警察に被害届を出そう

自分自身の行動を振り返っても探せないときは仮に落とした場合に他人に拾われている可能性もあり、警察に被害届を出せば協力してくれます。被害届を出すときは色を形状だけでなく立ち寄った場所や時間帯を伝え、分かりやすくしないと警察も協力しにくいものです。警察は全国でつながっていて鍵が届けられていたら連絡先に伝えてくれ、ネット上で全国の遺失物情報を閲覧できます。それでも届いてなければ時間がかかるか永遠に見つからない可能性があり、次に勝手に鍵の業者に依頼せずに大家さんなど管理者に報告して相談し指示を仰ぐことが大事です。

大家さんの指示に従おう

賃貸物件は自分の家ではなく鍵も大家さんが管理しているため、なくして入れないときはなるべく早く相談しないといけません。鍵は第三者に拾われてしまうと悪用される可能性もあり、そのまま業者に合鍵を作ってもらうことはしてはいけない行為です。鍵をなくして家の中に入れないときは大家さんにその場で伝えると合鍵を持っていることもあり、鍵が見つかるまで借りてあれば解決できます。大家さんに報告するときはスペアキーが部屋の中にあるか伝え、あればその場で鍵を開けてくれることもあります。このため、業者に依頼して鍵を交換してもらうことは最終手段になり、その前に相談して解決できるようにすることが大事です。

まとめ

賃貸物件で一人暮らしをして鍵をなくすと焦りますが、大家さんに相談すると最適な対処法を教えてくれます。また、その前に鍵を最後に見てからの行動を振り返り、心当たりがある場所を探すようにすることが大事です。その後は警察に被害届を出せばあれば見つかることもありますが、どのようなパターンでもすぐに大家さんに報告する必要があります。