オートロックの鍵を無くしたときの対処手順と、鍵を開ける方法!

物件を選ぶとき、セキュリティ面を考慮して、オートロック付き物件を選ぶ人が増えています。安心感があって人気のオートロックですが、鍵を無くしてしまうと、大変なことに。オートロック付きの物件では、合鍵を作ることが禁止されている場合も多いので、無くすと開ける方法がないことも少なくありません。そこで今回は、オートロック物件で鍵を無くした場合の対処法、開ける方法を紹介します。

オートロックの鍵を無くしたときの対処手順

それでは、オートロックの鍵を無くしたときの対処手順を説明します。まずは、物件の管理会社や管理人さんに連絡を取りましょう。当たり前のことですが、鍵を無くし焦っていると、意外と忘れてしまいがち。鍵を開ける対処でも必要ですが、鍵を無くしたことの報告という意味でも、すみやかに行う必要があるので、まずは管理会社に電話という手順を忘れないようにしましょう。次に、警察への連絡も忘れずに。オートロックの鍵は、共用部分になっていることが多いので、他の入居者にも迷惑がかかるかもしれませんし、最悪の場合、悪用される可能性もあります。警察への連絡もすみやかに行いましょう。そして最後に鍵を開けることを考えます。焦っているとまず鍵を開けることばかり考えてしまいますが、管理会社や警察への連絡は、他の入居者への迷惑を防ぐのに必ず必要なので、最優先にすべき対応なのです。

開ける方法①「管理会社に連絡して開けてもらう」

それでは具体的にどのようにして鍵を開けるのか説明していきます。まず一番簡単で、確実性が高いのは、管理会社に電話して開けてもらうことです。管理会社ならスペアキーはほとんどの場合持っていますので、オートロックの鍵を無くしてしまったら、管理会社に電話して開けてもらうのが一般的です。持ち家の鍵を無くしてしまった場合は、鍵屋に依頼することも多いものですが、鍵屋は共用部のオートロックは開けられないことが多いで、鍵屋に依頼するという選択肢は一般的ではありません。オートロックの鍵を開ける方法で一番の対処法は、「管理会社にお願いする」です。

開ける方法②「他の入居者についていく」

ほとんどの場合、管理会社に連絡して対処してもらうことで、オートロックの鍵は開けられると思います。ただ物件の所有者によっては、当日に連絡がつかなかったり、すぐに対処できなかったりすることもあります。そういった場合はどうすればよいのでしょうか?まず無くしたのがオートロック(共用部)の鍵だけで、自室の鍵はある場合は、オートロック部分を通ればいいので、他の入居者が通るときに、一緒に通らせてもらいましょう。一方で、無くしたのが、共用部と自室両方の場合は、オートロック部分を通れても、自室に入れないので、管理会社の対処を待つのが賢明です。

まとめ

今回はオートロックの鍵を無くしたときの対処法を紹介しました。オートロックの鍵を無くしたら、すみやかに管理会社や管理人、警察へ連絡しましょう。オートロックの鍵を開けたり、通ったりする一般的な方法は、「管理会社に開けてもらう」「他の入居者についていく」の2つです。また共用部のオートロックの鍵開けは、鍵屋にはお願いできないことが多いので注意が必要。意外と多い鍵の紛失。実際に焦って対処を間違えてしまうこともあります。今回紹介した方法を知っておくと、もしもの時に焦らずに対処できるので、覚えておくとよいでしょう。