少しずつ流れるトイレのつまり。もしなったらどうすればいいの?

私たちが日常的に使うトイレ、もしつまって流れなくなったら一大事です。また少しずつ流れるけど時間が掛かる場合も非常に危険!「流れるから」と放置し続けるといずれ完全につまって取り返しのつかないことになるかも。もしトイレの流れが悪かったら原因は何なのか?どう対策すればよいのか?を解説していきます。業者に電話をする前に読んでみてはいかがでしょうか。

つまった原因は何なのか?それによって対策が違います

トイレが少しずつしか流れない原因は大きく2種類に分けられ「水に溶けるもの(水溶性)がつまっている」「水に溶けないもの (不溶性)がつまっている」のどちらかになります。この違いを把握することが「つまり」に関して一番重要なのかもしれません。なぜならそれぞれ対策方法が真逆だからです。トイレットペーパーや排泄物などの「水に溶けるもの」が原因なら溶かしたり押し込んだりして下水に流す方法で解決するのですが、逆にオムツやうっかり落とした日用品など「水に溶けないもの」が原因なら引っ張り出さなければ再度つまってしまい解決する事はありません。慌てて対策方法を試すのではなく、直前の行動や思い当たる節を振り返ってみましょう。

トイレットペーパーなど「水に溶けるもの」が原因の対策方法

つまった原因が水に溶けるトイレットペーパーなどだった場合、それを溶かしたり水圧で押し出したりする方法を使います。具体的にいうと「たくさんの水・お湯で流す」「ラバーカップで水圧をおこす」などです。「たくさんの水・お湯で流す」はバケツなどを使い、少し落差をつけて水を流すことで、いつもより活発な水の流れを作るという方法です。そうすることでつまりの原因が動くことがあります。ただの水でも効果がありますが60℃前後のお湯にしたり、洗剤を混ぜたりするとトイレットペーパーなどが溶けやすくなるのでおススメです。「ラバーカップで水圧をおこす」はそれを使うことで水流を発生させ、つまりの原因を動かす方法となっています、水を使わないので便器から溢れそうな時も使えるのが利点です。もし無い場合はホームセンターやドラッグストアで売っているので気軽に買うことができます。

オムツなどの「水に溶けないもの」が原因の対策方法

つまった原因が水に溶けないオムツや日用品だった場合は直接引っ張り出すしかありません。特にオムツや生理用品など吸水性のあるものが原因だった場合は時間が経てば経つほど膨張し、取り出しにくくなるので迅速に行動しましょう。浅いところでつまっているならゴム手袋を使って、深いところなら針金ハンガーを伸ばして引っ掛けてみましょう。ただし2~3回ほど試してみて無理だと思ったら業者に電話して下さい。手違いでつまりの原因が更に奥に行ってしまうと取り出すことが難しく、その分手数料も高くついてしまいます。また同じような理由で「水に溶けるもの」が原因の対策方法を行うと、解決するのが難しくなるので絶対にやらないようにして下さい。

まとめ

トイレがつまり少しずつしか流れなくなったら放置するのではなく、解決に向けて行動して下さい。それは闇雲に解決方法を試すことではなく、何が原因かを見極める必要があります。原因にあった方法を試してみて直らなかったらすぐに業者に連絡、それが早期解決の秘訣です。下手に自己流でやると更に状況が悪化し取り返しの付かない事になるかもしれません。