トイレつまりが直らない時の対処法

トイレは、生活をしていく上で欠かせない設備の一つです。それだけに、水が流れないトイレつまりが起きた際に慌ててしまう人は少なくありません。ただ、トイレつまりというのは落ち着いて対応することで意外と簡単に治ることもあるものです。実際にトイレつまりが起きた時どんな行動をすれば良いか、一緒に見ていきましょう。

トイレつまりは放置で治ることもあるって本当?

トイレつまりが起きると、一分一秒でも早く問題を解決したいと考える人は少なくありません。しかし、トイレつまりが起きた原因によっては、そのまま放置をしていることで治る可能性があります。治る可能性があるのは、トイレットペーパーや排泄物のように時間が経てば溶けるものを大量に流した場合です。一時的につまりが発生し、暫くは水が上手く流れないため、このまま治らないのではないかと感じてしまう人は少なくありません。しかし、水に溶けない固形物をトイレに落としたのでなければ、2時間から3時間程度放置することでつまりが解消することが殆どです。

トイレつまりが放置で治らない時は?

水に溶けない紙や固形物などを落としてしまった場合は、放置だけでは治らないと考えておく方が良いでしょう。トイレットペーパーなど問題のない物しか流していないつもりでも、ポケットに入れていた小物などが落下して排水管に詰まってしまうというのは、珍しくないことです。さらに、トイレ掃除の際に、飾っていた小物などが便器の中に落ちてそのまま流れてしまう可能性もあります。つまりが発生してから数時間経過しても、状況が改善しないようであれば、ラバーカップなどを使って詰まっている物が取り除けないか、試してみるのも良いでしょう。

自力では直らないトイレつまりも業者なら対応できる

ラバーカップで原因を取り除ける程度の軽いトイレつまりであれば、自力でも治せる可能性があります。ただ、ラバーカップだけでは直らない状態であれば、専門業者に依頼をすることがおすすめです。小さな固形物であれば、いずれ水と一緒に流れていくのではないかと考える人もいますが、水に溶けない固形物が詰まった場合、自然につまりが解消することはまずありません。業者であれば、自力では取り除くことが難しいような場所に詰まった固形物を取り除くなど、専門的な対策ができるため、自力では直らないトイレつまりも、綺麗に解消して貰うことができます。

トイレつまりは冷静に対応しよう

トイレがつまると、少しでも早く状況を改善しなければと焦る人は少なくありませんが、原因によっては放置をしているだけで治ることがあります。放置では治らない、ラバーカップなどを使ってもつまりが直らないという場合は、専門業者に依頼をすることがおすすめです。水回りやつまりに関して高いスキルを持つ業者であれば、自力では治らないトイレつまりも直して貰うことができます。