トイレのつまりの直し方とは?

トイレが急につまってしまって、焦ったという経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。和式でも様式でもトイレは生活する上で必ず使用するものなので、使えなくなってしまうと非常に困ります。どこに連絡すればいいのかよく分からないということもあると思います。そういった時のトイレのつまりの直し方について紹介します。焦る気持ちを抑え、できるだけ冷静になることが大切です。

水を流す

水を流すといっても普通に流すのではなく、止水栓を閉めてバケツやペットボトルなどで量を調整しながら流します。つまっている時に普通に水を流すと、便器からあふれて大変なことになってしまいます。トイレが詰まるのは、トイレットペーパーや掃除用の水に流せるシートが原因のことも多いです。本来、トイレットペーパーや流せるシートは、水に溶けるようにできています。しかし、大量に使ってしまうと水に溶けきれません。そういった時には、水を少しずつ流すと、トイレットペーパーや流せるシートが溶けて流れやすくなります。和式でも洋式でも同じです。

お湯を流す

トイレットペーパーや流せるシートがつまってしまった時には、お湯を流すのも効果的です。水よりもお湯の方が溶けやすいので、つまりを解消できる可能性が高まります。お湯も水を流すのと同様に、少しずつ数回に分けて流すようにしましょう。一度に大量のお湯を流すと、便器からあふれてしまうことがあります。また、便器は陶器でできているので、熱湯などは破損を招く恐れがあります。熱ければより溶けやすいのではないかと思ってしまいがちですが、必ずぬるま湯程度のお湯で試すようにしてください。大体、40~50℃程度であれば破損する心配はありません。

異物を取り除く

便が大量でつまってしまい水が流れないという時には、便を取り除けばつまりを解消できます。そういった時には、ラバーカップを使うのがおすすめです。ラバーカップはホームセンター等で販売されており、吸引するカップが付いているアイテムです。軽めのつまりであればラバーカップで解消することができます。和式と洋式では最適なラバーカップが違うので、購入する際にはよく確認しておく必要があります。また、何か文房具やスマートフォンなどを落として詰まってしまった時には、ゴム手袋をはめて素手で取り除くのが手っ取り早いです。焦って取ろうとすると奥に入り込んでしまうこともあるので、焦らず一呼吸おいてから冷静に対処することが大切です。

まとめ

トイレットペーパーや掃除用の流せるシートがつまってしまった時には、止水栓を閉めてからバケツやペットボトルなどで少しずつ水やお湯を流すのが効果的です。また、便が大量でつまってしまった時には、ラバーカップを使うとつまりを解消しやすくなります。文房具やスマートフォンなど異物がつまって水が流れなくなっている時には、慎重に異物を取り除くようにしましょう。