トイレのつまりを直しやすい道具は?それぞれの方法を解説!

トイレのつまりを直すためには様々な方法がありますが、どれが効果的なのか知りたいものです。つまりを直す方法はスッポンや洗剤、ワイヤーなどをがあり、それぞれ特徴を確かめて最適な方法を決めないといけません。この記事ではそれぞれの違いを検証し、トイレのつまりをなくして快適にできるように解説しますので参考にしてみてください。

スッポンを使ってトイレのつまりを直す方法

トイレのつまりを直す方法はスッポンを使うことをイメージし、排水溝の部分にゴムの部分を当ててゆっくりと押し込むとできます。しかし、密着させて隙間を作らないと引っ張る力が弱くなり、時間や労力がかかり逆効果です。ただし、カップの部分が真空の状態になって強く引っ張っても勢いが強すぎるとトイレの内部の水が跳ね返るため、力加減を調整しないといけません。また、奥のほうにつまりが発生する原因が残っていることもあり、バケツでトイレに水を流して再確認する必要があります。内部に引っかかったゴミは手袋をつけ、すぐに取り除くようにすることが大事です。

洗剤を使ってトイレのつまりを直すコツは?

洗剤は汚れを分解して溶かす働きがあり、トイレのつまりを直す方法のひとつです。しかし、トイレットペーパーの流しすぎでつまった場合は不可能で、あくまでも汚れが洗剤で分解できる場合に限られます。落とし方はお湯を入れて汚れを分解しやすくし、水位が下がれば注ぎ足すようにします。そのときに、水が流れたら何度か繰り返し、濁らなくなれば汚れが分解している状態です。ただし、洗剤で分解できない汚れもあるため、別の方法を考えて中途半端な状態で残さないようにしないといけません。

ワイヤーでトイレのつまりを直すコツは?

ワイヤーは奥の部分に入れて汚れをかき出す働きがあり、洗剤で分解できないものに対して効果的です。ちなみに、洗剤で分解できないものはトイレットペーパー、嘔吐物、水に流せる系グッズ、オムツ、生理用品があります。ただし、水に溶けないものは不可能で、無理に取り出そうとすると修理代が高くなり逆効果です。ワイヤーの使い方は先端の部分を便器の奥に入れ、つまっているものに引っかかったらハンドルを回します。その後、つまりが取れれば水位が下がるため、水を流して汚れを除去すると完了です。また、スッポンで対応できないつまりに使うと効果的で、排水管の奥にある汚れを取るために向いています。

まとめ

トイレのつまりを直しやすい道具は詰まっているものや状況によりますが、最適な方法を決めないと故障するため注意が必要です。基本的にスッポンで取れないものはワイヤーを使い、奥につまると取り出しにくくなります。洗剤は汚れを分解して落とす働きがあり、スッポンやワイヤーを使わずにできますがつけ置きをするため時間がかかります。